FINE JAPAN

 


明日から始まるキセキ。extra miracle PLACENTA 輝世稀-kiseki-


モンドセレクション3年連続"最高金賞"受賞!


日常生活で受ける光の刺激から目を保護します!


219種類の食物酵素配合!理想のダイエットスムージー誕生


N+ アレルクレンズ

健康サプリ

ヘルスケア

美容サプリ

ダイエットサプリ

飲料・ドリンク

カラダにやさしいスープ

介護・医療食品

facebook


FAX注文用紙
カタログ請求
Q&A
こだわりの一粒
ファイン本社サイト

●ネットでのご注文は
24時間受け付けております。

●お電話でのお問合せは
下記の時帯にお願いします。
月〜金 9:00〜18:00

※土日祝祭日はお休みをいただきます。 メールの返信は翌営業日となりますので ご了承ください。



ファインのサプリメントが出来るまで
   
   
ファインのサプリメントは原料の産地にこだわり、 信用のおける原料を使用しております。 海・山・畑から健康によいものを厳選しております。  
   
  健康食品は、薬品とは違い、毎日続けていただくものですから、お客様にも品質の良い、たしかなもの をしっかりとお選びいただきたい・・・。 そんな願いをこめて、研究・品質管理に努める日々。 私たちは、そのような努力を惜しみません。
   
 
ISO9001・・・ 品質管理及び品質保証のための国際標準モデルとしてISO(国際標準化機構) によって1987年に制定されました。日本では1991年にJISとして制定され て以来、その普及はめざましく、企業活動に大きな影響を与えています。


GMP・・・  


Good Manufacturing Practice。安心して使うことができる品質の良い医薬品、医療用具などを供給するために、製造時の管理、遵守事項を定めたものです。GMPを行政で初めて取り上げたのはアメリカ合衆国で、1962年に「食品、薬品、化粧品法」の中に「薬品の製造規範(GMP)に関する事項が取り入れられました。その後、世界保健機構(WHO)でGMPが作成され、1969年の総会で加盟国各国がGMPを採用し、国際貿易においてGMPに基づく証明制度を採用、実施するよう勧告されました。これを受けて日本では、 1974年に厚生省薬務局長通知として医薬品に関するGMPが作成され、1980年(昭和55年)に厚生省令として公布されました。当時は遵守事項としての自主管理項目でしたが、1994年、省令が改正され、「製造所のGMP体制が整っていること」が「製造業の許可を取得するための必要条件」になりました。

有機JAS・・・



有機農産物及び有機農産物加工食品の検査認定制度。有機農産物及び有機農産物加工食品の特定JAS規格を定め、規格に適合するかどうか検査を受けた結果、これに合格して有機JASマークが付けられたものでなくては「有機栽培トマト」、「有機納豆」、「オーガニック紅茶」等の表示をしてはならない制度が導入されました。これにより、「有機低農薬栽培」、「有機減農薬栽培」等の紛らわしい表示が規制 され、有機JASマークは有機食品の適切な表示をしているものである目印となります。また、海外から輸入される有機食品についても国内産のものと同様に有機JASマークが付されていないと輸入業者はこれを販売することができません。
 
   
 
摂津工場・・・ 本社と連携し、即日出荷できるシステムを有する工場。
上郡工場・・・ タブレット・顆粒・清涼飲料水のエキスパート。
テクノ工場・・・ 西日本を代表するソフトカプセル工場です。
 


       
 
私たちファインは、30年にわたって厳しい品質管理 の下、健康食品を全て自社工場で製造してきました。 近年、世界品質標準基準であるISO9001認証を取得し、 自慢の設備を備えた工場で、原料から製品までを一貫 して生産しております。
 
 
また、有機JAS認定も取得しており、より安全で、 信頼性のある有機原料の取り扱いも可能です。 少しでも多くのお客差にご満足いただけるよう、 心をこめて、安全で、高品質な商品をお届けしたい。 私たちの願いはこれからも変わることはありません。
 
Copyright(c) 株式会社ファイン All Rights Reserved.